西野流呼吸法を楽しむ会(高知県)

西野流呼吸法 “行雲”
西野流呼吸法 “行雲”

足芯呼吸と対気で体が変わる!人生が益々楽しくなる!   無限の可能性が拓いてくる。

稽古日:毎週火曜日

時間:18:00~20:00  前半:基本稽古 足芯呼吸法他

                後半:対気(気の交流)

※時間に遅れて途中からの参加も大丈夫です。そっ~と入って来てください。(^_^)

場所:高知県高岡郡越知町越知甲1623番地4(駐車場有ります。)

   (有)大成システム事務所の2階

    TEL:0889-26-2281 FAX:0889-26-3254

維持会費:500円/月

代表者: 岡林 正明

 ※初めて参加される方は、あらかじめ電話をお願いします。

  私の仕事の都合等で休みの時があります。

   また、初参加の日は15分位前においでください。

   簡単に呼吸法や言葉の意味等の説明をします。

 

あくまでも、『楽しむ会』ですので指導員はおりません。

みんなで楽しみながら呼吸法をやっています。でも体は確実に変わってきます。

運動のしやすい格好でお願いします。

 

身体が緩んでくると気持ちがいいですよ!

『西野流呼吸法』の基本は『身体を気持ちよく緩める』ということです。

無理、緊張、極度な集中をしない(フワッと意識を置く)

呼吸法を楽しむような感じで・・・続ける

意識は『丹田』に・・・

とらわれない、こだわらない 

明るく、楽しく、仲良く!

 

西野流呼吸法は、私達の身体を構成する約60兆個の細胞の一つ一つを活性化させ、ミトコンドリアの働きによって生命エネルギーを培い、リモデリングや種々の代謝を理想的な状態にするメソッドです。このメソッドを実践することによって、心身に様々な変化をもたらします。現実に自己治癒力が高まり健康になった、若々しくなった、自己の能力が開発された、運命が良くなった等の効果となって現れてきます。西野塾は小学生から90歳過ぎの幅広い年齢層で、また各界・多方面の方々が楽しく稽古を続けています。

私達の[西野流呼吸法を楽しむ会]でも最高齢93歳が稽古を続けています。[体がとても元気になった][時々おこる頭痛の為ノーシン等の薬が手放されなかったのが不要になった][体が冷えて調子が悪かったが最近は足先までポカポカしだした][積極的な発想が出来だした][呼吸法に参加するとその一週間、元気はつらつでいられる]・・・等々いろんな楽しい変化がおこっています。

 

少年のときの夢を追って  森田正明(元ソニー株式会社副社長)

 

 週末に送る西野塾での3時間は、私にとって正に無我と充実のひと時としか言いようがない。はじめの2時間は

呼吸法の修練で過ごす。この間に自分の身体がすっかり変わって、どの部分にも何のわだかまりのない生まれたままの身体に近づいたような気分になってしまう。

 

 初めて西野先生の凄さを目にしたときは、それこそ目を疑い、何かのトリックがあるのではないかと思ったほどであった。しかし実際に先生に師事して、先生の組手の手が自分の身体に軽く触れたと思う瞬間、何かの反動のようにすっ飛ばされるのを自ら経験して、驚きと畏敬の念に変わってしまった。そして元々がエンジニアである私は、物理法則の何がそれに当てはまるかとすぐ考えた。しかし筋肉隆々とはおよそ縁遠い西野先生の痩躯からほとばしり出る不思議な力は、どうにも理解しがたい凄さなのである。

 

 ・・・人生いくつまで生きられるかは神様が決めて下さることだが、しかし生きている限り毎日をどう過ごすかは自分の責任である。その責任に活力と気力を与えてくれる西野流呼吸法を少しでも自分のものにして、「戦わずして勝てる」人間になりたいと、いままた少年のときの夢を追って先生の指導を受けているのである。

 

素晴らしきものとの出会い  玉井英二(元住友銀行専務取締役)

 

 さるパーティーで、西野先生がスピーチのなかで、「非常に優れたものを身につけることができれば、それは素晴らしいことです。しかし、よしんば身につかなくても、それと出会うことができるだけでも、素晴らしいことではないでしょうか」と言われたことを思い出します。私の心境は正にその通りであります。

 

・・・身体を緩め、教わった通りの呼吸法で全身に気血を巡らせていきますと、みるみる肩こりがほぐれ、腹具合が良くなり、頭も冴えて、全身に爽快感がみなぎってまいります。人間の身体に内在するエネルギーを、呼吸の働きによってパワーアップをしたり、またコントロールも出来るというのは驚くべき事ですが、本当に事実なのです。・・・西野先生の武術は、とても人間わざとは思えません。・・・しなやかな身のこなしの中から、一瞬、閃光がひらめくように、物凄い力がほとばしり出るのです、あまりの強さに、ただ呆然としている私達に、先生は、「西野流は抽象論ではなくて、具体的な証拠が現れてきますから、張り合いがあって楽しいですね」。と、ニコニコしながら仰るのです。先生の武技を目の当たりにしますと、常識では理解し難い、不思議の世界に引きこなれそうになります。

 

心と身体の操縦法  岩子千秋(全日空パイロット)

 

 ・・・稽古の前に頭を床につけ、向き合い、礼をしますが、私は形式ばった日本式の礼が嫌で、武道に興味を持ったことがありませんでした。しかし呼吸法の礼は、稽古の前後のケジメの他に、大きな意味がありました。それを先生は次のように説明されました。

 「礼は全身の力を抜き、心を無にし、相手に対しての先入観を捨てたとき、相手を正しく見ることができ、自分に向かい合う用意ができる」。このことは武道的な意味だけではなく、人と向かい合った時、何かを見るとき、また学ぶ時にも必要な心構えだと思います。このように、先生の話の中には、そうだったのかと、納得のいくことが呼吸法の持つ多面性を表しています。私はこれからも、西野流呼吸法から多くのことを学び、自分の可能性に期待して続けていこうと考えています。

 

 ほとばしるエネルギー  千葉正敏(医師)

 

 ・・・西野流呼吸法を始めて数ヶ月、その効果の絶大さに自分でも驚いています。・・・どのような職業に従事されている方でもそうでしょうが、私も仕事上ほとほと嫌になることが沢山有り、心がどす黒くなってしまうこともあります。そんな時、西野先生や仲間達と一緒に呼吸法を行うと、実に颯爽とした、さわやかな心になることができます。ビッグバンのエネルギーが身体の奥から爆発してくるようです。とても素敵な体験です。より多くの方がこの不思議なエネルギーを体験していただきたいと思います。

 

・・・西野流呼吸法の素晴らしさは、ヨーガや仙道の高度なテクニックにみられる七面倒くさい手続きを一切なくして、一足飛びにさわやかな命の歓喜へと私を運んでくれるところにあります。西野先生の真に創造的なインスピレーションと、それを概念化する基礎知識の豊かさを垣間見るとき、私は生涯の導師に会えた思いさえします。現代西洋医学の複雑に入り組んだ知識体系より、西野流呼吸法は鋭く命の本質をとらえます。当然、予防医学の面からも効果があるだろうと思います。・・・

 

 

塾生の感想文より (S・H

 

私は西野塾入門前と、今の身体を比較する時、身体の状態がまったく変わってしまったことを実感します。以前は、仕事が終わると肩こりは当たり前くらいに身体が硬くなっていました。その緊張を取るために腕を回したり、家に帰って風呂に入って緊張を取るくらいの消極的ともいえる方法で、身体をリラックスさせ、疲れをとる毎日でした。

それが西野流呼吸法を始めて八年の間にそのガチガチの身体が知らず知らずのうちにどんどんほぐれていったという感じです。肩凝りはいつの間にか消えてしまい、同時に体調がすこぶる良くなりました。夜はよく眠れ、目覚めれば手足は「つるつる」「すべすべ」という感じ。気分爽快に一日がスタート出来るようになりました。

 

西野流呼吸法を行っていると、とても気持ちがいいのです。足芯呼吸で全身に呼吸を巡らしてゆくと、温かく気持ちのいいエネルギーに全身が包まれます。西野塾で大勢の人たち行う稽古もいいのですが、家でマイペースで行っているとこれもまた気持ちいいのです。起きているのか眠っているのか分からないような心地よい状態になり、30分、1時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

そんな状態になると身体が充足し、全身で自分の気を感じます。身体が振動しているような感じでもあります。健康になることが目的で始めた訳ではないのですが、私の場合まず身体が改善され、健康体になってしまうようです。足芯呼吸だけでもマスターすればやみつきになると思います。私は毎日の楽しみになりました。

 

特にビジネスマンなどは、朝から一日中仕事での緊張ばかりで、意識的に緩めることがなかなか出来ないと思います。そんな人達は身体をゆるめる稽古でもある西野流呼吸法を行い、常に意識的に身体をリラックスさせることが出来るようになれば、いつでもハッピーな心身になり、毎日の生活を楽しく過ごすことが出来るのではないでしょうか。

 

西野先生の著書より

 ・・・この多元充足を身につけられるよになれば、どんな状況におかれようと、どんな動きの中でも、身体はいつも自在な“宙遊”そのものにとなり、呼吸のエネルギーである“気”を思うように体中にめぐらせることが

できるようになる。武道的にいえば、“多元充足”とは全ての技術的段階を超えた「触れればすなわち技になる」時点に達した身体ということだ。・・・・・略 

 

“多元”が十分に“充足”するようになると、“気”がオーラのように身体から発散しだし、“気”を自在に

使える糸口が掴める。そして、何事が起きても「辱められ」(老子〉ない確固として自在な身体を獲得することができるのである。・・・・・・略・・・

 

・・・ここまで身体が研ぎ澄まれてくれば、孫子のいう世界も心身で了解できてくる。まず、争いごとを作らない。ほとんどは避けて通る。どうしても避けえないときは、その争いを融解してしまうのである。いいかえれば、この“強さ”は“ゼロの強さ”だといえよう・・・・・・・略・・・

 

真の“呼吸”こそ“ゼロ”の秘密を解くカギなのである。そして、この“ “多元充足”の到達点は、

さらに高次な“無限充足”の世界へと開かれている。

 

                    西野流呼吸法・・・講談社 西野皓三著より抜粋                  

西野流呼吸法創始者:西野皓三先生

西野塾公式ホームページ 

身も心も青春 60歳の頃の先生
身も心も青春 60歳の頃の先生